PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

憎きアブ

2011-05-18.jpeg

湿気がある晴天の今日。
馬の横を歩いていて、ふと自分の体に目をやると、7〜10匹ほどのアブが止まっていた。
顔の近くも、羽音が聞こえ、ちょっとしたパニックに陥りそうだった。

アブは、はらってもはらっても、少しだけ逃げて止まる位置を変えるだけで、ひたすらくっついて、刺す機会を狙っている。
止まられたら叩いて成敗するのが一番だ。
私は、あるときからアブを素手で叩くことに躊躇しなくなった。
つぶれるほど叩くのは気持ち悪いので、瀕死〜気絶する程に平手で叩く技を習得したのだった。(笑)

今日は、今までで最高にアブが多かったと思う。
1時間の散歩中に、30匹は叩いたであろう。
しかし、不覚な事に下ばかり見ていて、顎に止まったアブに気づかなかったらしい。(髪の毛が触っているだけだと思っていた。)
夜、化粧を落とした顔を見たら、顎に3つ赤く刺された跡があった。

ここ数年で気づいた事だが、アブは濃い色の服によく止まる。
今日は、紺色のパーカーを着ていたので、ひどい目にあったのだろう。
必死でアブ退治しているとき、アレックスには1匹も止まっていなかった。

カメラを持って出かけたのに、素手を出していると刺される危険性があったので、今日は上の1枚しか撮れませんでした。
この麦畑の横でも、先日大量のアブに止まられたのでした。
畑の横以外では、家畜の居る場所は要注意です。(って結局は、うちの周り全体がアブ危険地域なのです。)
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 18:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。