PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い出をいっぱいありがとう

2012-01-18a.jpeg

一昨日、気がついた。
窓から外を見ると必ずあった象さん。
旦那が初めてこの家にやって来たときからあった、私とアレックスとAUAとの思い出をいっぱい作ってくれた象さんがいなくなっていた。

2012-01-18b.jpeg


この庭にあるべき物だと思っていたので、無くなっていたのを見つけた時は、ショックでした。

上の住人が引っ越しの時に持って行ったのだ。
象さんのことを話しているのなんて、一度も聞いたこともない、触っているのも見た事が無い、それほどの思い入れもないのに、連れて行ってしまった。
(いらないゴミは、全て残して、金目の物だけ持って行った。なのになぜ、このボロボロの重い象さんを持って行ったかは不思議で仕方が無い。)
牙も折れて、尻尾も欠けて、足も虫に食われて危険な状態だった象さん、このままこの庭で朽ち果てるか、次の買い手に処分される物だと思っていた。
私たちにくれると言われても、どうする事も出来ない代物なので、どちらにしろお別れしなくてはいけなかったのですが、さよなら言う前にお別れしてしまった。

さみしい。。。

2012-01-18c.jpeg

この家の内装は、次の買い手の娘さんが、ここ数ヶ月前に車椅子生活になってしまったため、車椅子でも動きやすいように大幅に改装されるようです。
1階に娘さんが住むため、庭も変わってしまうんだろうな。
この家を遠くから見かけたときや、思い出すときは、猫達もオヤジもいたあの頃のことを思い出そう。
もちろん、庭には象さんがいて、AUAが象さんの上で寛いでいる。
最後の方は、もめ事とかで悪い思い出しか無いけど、悪い事もいっぱい起こったけど、やっぱりこの家は大好きだった。
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 13:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。