PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひとつ終われば、また次の問題

古い家だから、いろいろ問題はあるだろうとは思っていた。
それでも、ゆっくりゆっくりと住みやすくはなってきています。
しかし、水回りの問題はなかなか解決せず、ときどき「くっさーーー」というニオイが家の中を漂い、私を憂鬱にさせる。

まずは、下水問題。
これは、気になっていた場所を蓋して問題解決。
そして先日は、1階にあるトイレの配管の周りをシリコンで固めて完全に蓋をしました。
しかし、まだ時々臭う。別の場所から。
冬の間になんとかしないと、温かくなったらこれはたまらんぞ!と焦り始めました。(何事も時間のかかるドイツですから。)

なぜか、この家の修理は、電気関係も水道関係も、そして煖炉の事も全て同じ人が直しに来ています。
この人が入院してしまい、どうにもこうにも事が進まない。
なので、煖炉もまだ付いていません。
イライラとがんばっても報われないような気になって、悲しくなっていました。

そんな思いで窓の外を見たら、火事かと思える程の煙と火が見えた。(実際は家が燃えていたのか、何かを燃やしていたのかは不明。)
火事で家や大切な物を失う人だっているのよ。
それと比べれば、こんなこと大した問題ではないわと思えた。
私たちの問題なんて、修理すれば直る事なんだから。

2012-02-16.jpeg

この家、いろんな問題がありながらも、なぜかベッドルームは何の問題も無く、初日から熟睡できています。
ただ単に、他人の生活音が聞こえないから、爆睡できているのかもしれないけど、睡眠に関しては前の家よりずっとずっといい環境です。
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 22:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。