PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最後の写真

いつもと同じように、楽しく散歩に出かけました。
いつもと同じということが、どれだけ幸せでありがたいことか。

2014-01-27a.jpeg

お話ししながら、カメラを構えて一緒に歩きました。


2014-01-27b.jpeg

亡くなった日の前日ですが、こんなに元気。
ただ、この数ヶ月は笑顔が少なくなったと写真を見直してから気づきました。


2014-01-27c.jpeg

この日は、この枝が気に入ったようで、家までもって帰る気満々でした。
地面の匂いを嗅ぐ時には、口から放し、また咥えと何度も繰りしていました。


2014-01-27d.jpeg

カメラに残っていた、アレックスの最後の写真。
「また明日ね。」と言って、出させた枝が転がっています。
亡くなった日も、同じことを言って枝を置いて来ました。
まだまだ一緒に遊べると思っていたから。



アレックス、私達のところにやって来てくれて、ありがとう。
いっぱい甘えてくれてありがとう。
一生懸命守ってくれてありがとう。
暖かさと手触りは感じられなくなったけど、心はずっと一緒だよ。
​そっちの世界には、みんないるから寂しくないよね?
父ちゃんも母ちゃんも、次の子を迎えるまで少し待つから、できれば生まれ変わってまた私達の元にやっておいで。
もしダメでなら、虹の橋の向こうで待っていてね。
そのときは、耳ペタンでクネクネしながら迎えてくれるのかな?
それより、アレックスはわんこの姿なのかな?

これだけ大切な存在なんだもの、きっとこの先、生まれ変わっても家族かなにかで繋がっていると信じています。
​寂しくなったら時々でも毎日でも、いつでもどこでも、夢の中でも遊びに来ていいからね。
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 21:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。