PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

突然やって来た別れ

1月28日、アレックスが虹の橋を渡りました。


いつものように朝を迎え、いつものようにゴハンを食べ、いつものように甘え、おねだりし、楽しく散歩に出て、楽しく枝で遊び。。。

そしてそのときは、突然やって来た。

散歩の半分くらいで、急に歩みが遅くなった。
帰りの上り坂でゆっくりになるのは、いつものことで、脚のせいだと思っていた。
それにしては遅すぎる?
お腹が空きすぎなんだろうか?
胃捻転?
不安に思いながら、がんばって家まで歩いてもらった。

家に着いて、立ち尽くしたまま、なんともすまなさそうな顔で私を見つめるアレックス。
水も飲めない。ヤギミルクを温めても口にもしない。
胃捻転にしては、見た目に変化はなかったが、ゲップのでるツボを押してみる。
気持ち良さそうに目は閉じるが、そのまま「何か変だよ」とでも言いたげな顔で呆然と立ち尽くしていた。

やはりこれはおかしいと、病院に電話。
そして旦那に電話。
大家さんに助けを求める。

病院では、しばらく待っていたが、アレックスは座ることができない。
担当医がちょうどいる日だった。
私の話を聞き、熱を計る。微熱があった。
歯茎を見て顔をしかめた。
「よくない。」
しかし、私はこの時点で、アレックスはまだ家に帰れると信じていた。

レントゲンを撮った。
異常はわからない。
超音波でお腹を見ると大量に出血している。
肝臓に腫瘍が1つ、2つ、3つ・・・ これだけ沢山ある場合は、癌だろうと。
出血は1リットルは超えているだろうから、緊急手術が必要。
もし、助けられるなら、腫瘍を取り除くけれど、もし転移があるなら、麻酔から醒さずにそのまま眠らせてあげた方が、アレックスのためだと言われた。

手術前、点滴を1時間近くしていた。
その間、横になっているアレックスの首に腕をまわし、ささやき続けた。
 大好きだよ。ずっと一緒だよ。ずっとずっと私の子だから。
 アレックス、大好きだよ、ずっと一緒だよ。
 アレックスくんと一緒で母ちゃんは幸せだよ。
祈るような思いで、この暖かさをこの先もずっと感じられますようにとささやき続けた。

点滴を流しているところに、麻酔薬が入れられた。
アレックスが動きだし、私のほっぺたに何度か顔を寄せる。
眠ってしまった。
手術室に連れて行かれてしまった。

いつもなら、父ちゃんとこんなに連絡がつかないことはないのに・・・



先回の手術の時にいた席で、祈った。
アレックスに心の中で話し続けた。
しかし、手術には時間はかからなかった。

白衣の先生が近づいてきた。
聞きたくない結果を知らされる。
「これから、そのまま眠りにつかせます。」と。
先生が手術室に戻って間もなく、やっと父ちゃんから電話がきました。
「遅い。遅いよ。アレックス、今、いっちゃったよ。」
アレックスは、大好きな父ちゃんに最期に会いたかったに違いない。

父ちゃんが仕事から急いで帰り、病院に到着したのはそれから30分後でした。
そしてふたりでゆっくりとアレックスの体とお別れをしました。
 ありがとう。ありがとう。
 幸せな時間をくれてありがとう。
 父ちゃんと母ちゃんにいっぱい愛をくれてありがとう。
 アレックスくんとは、いつまでもこれからも一緒だから。


2014-02-05.jpeg

今思えば、ソファーから降りた時にじっと私の顔を見ていたのは、癌が傷んでいたのだろうか?
甘えたように鼻鳴きしていたのは、痛かったからだろうか?
ゴハンが食べたい、散歩に行きたいと訴えていると思っていた行動も、「母ちゃん痛いよ。」って教えてくれていたのだろうか?
半年に1回血液検査をしていたことで、母ちゃんは安心しきっていたんだよ。
気づいてやれなくて、ごめんなさい。



約10歳9ヶ月。べったりベタベタに過ごしてきました。
きっとアレックスは、私が耐えられないと、急に目の前からいなくなるという最期を選んだのでしょう。
父や、実家で飼っていた「おくま」で、どれだけ癌の介護がつらいかを知っていたから、介護はさせたくなかったんだね。
親孝行な子だよ。
最期の日まで、母ちゃんと散歩してくれて、一緒に遊んでくれてありがとう。
「あっぱれ」な最期だったと思うよ。
アレックスらしいよ。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。