PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪の夜と、ストーブの使い心地その後

2013-01-17a.jpeg

お歳だからか、ホルモン剤のチップのせいか、膀胱炎になってからか、ちょろちょろとお漏らしをするので、2〜3時間おきに外に出しています。
一緒にアレックスとキッチン側から外に出たら、街灯に照らされた景色がきれいでした。


2013-01-17b.jpeg

何枚か撮ろうと思って構えていたのに、もうお帰りのようです。
外は、寒いもんね。

家の中はストーブで、ぬくぬく。
というより、小さな炎でやってると、煙が出て煙突がススだらけになるので、温度調節がなかなか難しいのです。
薪仕事(ただ下から上に運ぶのと、ストーブに焼べるだけですが、1本がとても重い)で体力はつくし、火を入れたら薪の状態を頻繁にチェックしなくてはならないし、灰は毎日掃除しなくてはならないけれど、それでもストーブを導入して本当に良かったと感じています。

スープや、シチューやカレーをよく作るようになりました。
キッチンの調理台は、最初の強火の調理だけ。
それ以外は、ゆっくりとストーブでコトコトやってます。
アレックス用に、焼芋もよく焼きますよ。
オイルヒーターは昼間だけ、散歩から帰って落ち着いたら、そこからストーブを深夜まで使い、最後の薪一本で朝方まで暖かい状態が保てます。
なによりも、キッチン側の煙突の壁が、次の日の昼過ぎまで暖かいのには、驚かされました。
この先、どこかに引っ越しても、調理台のあるストーブが使える場所がいいなと、暖かさとストーブ調理に思いっきりハマっております。
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 12:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。