2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最後の写真

いつもと同じように、楽しく散歩に出かけました。
いつもと同じということが、どれだけ幸せでありがたいことか。

2014-01-27a.jpeg

お話ししながら、カメラを構えて一緒に歩きました。


2014-01-27b.jpeg

亡くなった日の前日ですが、こんなに元気。
ただ、この数ヶ月は笑顔が少なくなったと写真を見直してから気づきました。


2014-01-27c.jpeg

この日は、この枝が気に入ったようで、家までもって帰る気満々でした。
地面の匂いを嗅ぐ時には、口から放し、また咥えと何度も繰りしていました。


2014-01-27d.jpeg

カメラに残っていた、アレックスの最後の写真。
「また明日ね。」と言って、出させた枝が転がっています。
亡くなった日も、同じことを言って枝を置いて来ました。
まだまだ一緒に遊べると思っていたから。



アレックス、私達のところにやって来てくれて、ありがとう。
いっぱい甘えてくれてありがとう。
一生懸命守ってくれてありがとう。
暖かさと手触りは感じられなくなったけど、心はずっと一緒だよ。
​そっちの世界には、みんないるから寂しくないよね?
父ちゃんも母ちゃんも、次の子を迎えるまで少し待つから、できれば生まれ変わってまた私達の元にやっておいで。
もしダメでなら、虹の橋の向こうで待っていてね。
そのときは、耳ペタンでクネクネしながら迎えてくれるのかな?
それより、アレックスはわんこの姿なのかな?

これだけ大切な存在なんだもの、きっとこの先、生まれ変わっても家族かなにかで繋がっていると信じています。
​寂しくなったら時々でも毎日でも、いつでもどこでも、夢の中でも遊びに来ていいからね。
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 21:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暖かいね。

2014-01-25.jpeg

多分、アレックスは薪ストーブが好きだったと思う。
暖冬で良かったね。
寒い寒い氷点下の日が続く冬だったら、きっとアレックスには、もっとつらかったと思うから。

| 日々の生活 | 21:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キッチン側の扉の向こう

2014-01-23.jpeg

扉が開くのを、行儀よく待ってます。

| 日々の生活 | 21:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪が降った

2014-01-21.jpeg

大好きだった雪。
すぐに融けちゃったけど、ほんの少しだけ味わえたね。

| 日々の生活 | 21:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新しいレインコート

2014-01-20.jpeg

重い腰をあげて、母ちゃんやっと新しいレインコートを作ったのに、一度も着ていけなかったね。
アレックスに、よく似合っていたのに。

| 日々の生活 | 21:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

午後3時過ぎの特等席

2014-01-19a.jpeg

太陽が森の木々の向こう側に隠れる前のこの場所。
太陽に照らされた緑がとても綺麗で大好きな休憩場所でした。
散歩でたまにすれ違う人や犬から十分な距離のある場所に入り、年末あたりからよくここで遊びました。
いつもすれ違う人達は、「またあいつら大騒ぎしている」と思ったに違いないというくらいに、アレックスは枝遊びを楽しんでいたと思います。
年齢的に無理ができないから、遊びと言っても、アレックスの持っている枝に興味を示し、脚を痛めないくらいの近距離に、数回枝を投げてやるくらいだったのですが、それでもアレックスは大喜びしてくれていました。
あれもこれもやっておけばと後悔も沢山ありますが、最後の数ヶ月、たっぷり遊べた事だけは、本当に良かったと思っています。


2014-01-19b.jpeg

| 日々の生活 | 15:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虹色

2014-01-18.jpeg

サンキャッチャーから出た虹色の光。
アレックスの毛に写ったねと写真を撮りました。
アレックスがいなくなってから、お天気がいい日に、この虹色の光を見ると、この日の事を思い出してたまらなくなってよく泣いてしまった。

右の写真は、病院で尻尾にできた脂肪が出てくる場所(多分、粉瘤)が、前回取りきれてなかったので、再度取り出しました。
麻酔もしないので、ちょっと痛がった。
今思えば、あんな痛い思いをさせる事なかったのに。
病院では、「半年に一度、念のために血液検査をしているので、今回採ってもらえますか?」と聞いたところ、「彼は元気そうだから、必要ないよ。次にしよう。」と言われたのです。
それくらい見た目には、元気そうでした。
だから、先生も急にあんなことになって、さぞかしビックリされたことでしょう。

| 日々の生活 | 15:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

父ちゃんに甘える

2014-01-17.jpeg

背骨に沿って指圧してもらうのが、大好きだったアレックス。

| 日々の生活 | 15:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

散歩写真

2014-01-13a.jpeg

進行方向から犬連れさんがやってきたので、お天気も良かったので、コースを変えてゆっくり遊びながらいつもより少し長い時間の散歩です。
普通に走るし、枝を見つけて興奮して騒ぐし、元気いっぱい(に見えた)。
歩き足らないから、もうちょっと歩くよと、筋力が弱る事ばかり気にしていた私。

去年の終わり頃から、枝でよく遊んだな。
暖かい日が多かったので、散歩途中で冬なのに座ってよく遊びました。
幸せポカポカな時間。
​たまらなく愛おしいふたりで過ごした思い出の時間です。


2014-01-13b.jpeg

| 日々の生活 | 15:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暖冬だけど

2014-01-12a.jpeg

部屋から温度がわかるように、温度計を窓に貼付けてあります。
しかし、部屋が暖かいので、窓から伝わる温度で、正確な外気温ではありません。

お天気が良かったので、植物に水をやる時に、アレックスをテラスに出した。
暖冬と言えど、じっと立っているには寒いので、母ちゃんは家の中に避難。
アレックスは、おもちゃを見つけて、久しぶりに振り回していました。

相変わらず、私がテラスに出ると、急いでアレックスもくっついて出ようとし、家の周りの警戒は欠かしません。
いつも私を守るのに一生懸命だったんだと思います。
いろんな表情を見ていると、まじめな表情の時は痛かったからだろうか?と思ってしまいます。
癌だった父を見ていたから、あれだけ腫瘍があったら、痛くないはずがない。
私に何度も痛いと伝えていただろうに。


2014-01-12b.jpeg

| 日々の生活 | 15:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。