2003年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2003年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢から覚めて

朝9時にご近所のサミーくんとサミーくんのパパと待ち合わせてお散歩に行きました。
朝もやの緑の中、走り回る黒・白2頭。
すごく美しかった。

カメラをなぜ持ってこなかったのか!と思いながら、そんな彼らの後姿に見とれていました。

美しかった。。。
美しいはずだったのに。。。
戻ってきたアレックスはまたもや”ウンP小僧”になっていた。

このニオイ付け行為はどうやったら直るのかな?
1週間に2~3回これやられると、私も参るわ。

写真は先日撮ったサミーくんとアレックスです。

2003-09-30.jpeg
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 23:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さて、今日はどのコース?

私がアレックスを連れて行く散歩コースは、大きく分けて3つあります。

* 羊さんコース 
   最短、朝と雨が降りそうな日はこのコース。1~1.5km。
   
* お馬さんコース
   最長、車道を2本渡って行くじっくりコース。2~2.5km。

* 牛さんコース
   羊さんコースから車道を1本渡り、山道を歩くヒップアップ最適コース。1.5km~2km。

1日に散歩は2回。
上のコースを適当に選んで行っています。
それぞれコースの名前通りの動物に会えます。
田舎生活も結構よさそうでしょ?!

2003-09-29.jpeg

| 日々の生活 | 23:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハッとした

今日撮ったアレックスの写真、ママのFeeにそっくり!!
人間の女の子が父親に、男の子が母親に似やすいというけど、犬もそうなのかしら???

「ピアノを弾くあんた(私)の横顔が、お父ちゃんにそっくりでぞっとしたよ。」
と昔母が言ったことを思い出してしまいました。

2003-09-15.jpeg

| 日々の生活 | 23:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

老人と老犬

朝のお散歩のときシェパを散歩させている老人に会った。
いつも庭の入り口にやってきてはアレックスに犬用のおやつを一粒くれるじいちゃん。
杖をつきながらも毎日散歩は欠かさないようだ。
わんこはGSDのPrinz。
血統書上のアレックスと同じ名前の犬。
このPrinz、あまりご近所のわんこと仲良く出来ないらしく、散歩道で出会う犬連れさんはみんな避けて歩いているようだ。
実際、「近所のシェパのPrinzは危ないからね。」と忠告してくれる人も多い。

しかし、それはPrinzが若かった頃のことでしょう。
今日はじめて庭の入り口以外のところで散歩している姿を見た。
歩いては止まり、休憩して話しかけ、また歩き。
私はてっきりアレックスが近くに来るのを待っていてくれているのかと思い、ご挨拶に行ってみた。
じいちゃんはPrinzのリードをしっかり握り、にこやかに話しかけてくれた。
「あそこの家の子だね!」(と多分言ったと思う。)
よく見るとPrinzはあまり目が見えないらしい。
アレックスの気配にウーとうなってはいるが、においを頼りにうなっているようだ。
私がドイツ語が話せないため2~3分で別れたけど、そのあと少し私は寂しい気持ちになってしまった。
Prinzはこのじいちゃんにとって最愛の犬というのが見てわかったし、杖をついているくらいだから、きっとこの老人にとって最後の犬になるかもしれません。
一緒にゆっくり散歩している姿が、このふたりにとって大切な時間のように感じられました。
犬は自分よりどんどんはやく歳をとっていく。
こんな小さなアレックスを見ながら感じずにはいられなかった。

私はこれからも、このじいちゃんとPrinzを見かけたら、言葉が通じなくてもいいからお話しに行こう。
(じいちゃんたちにとっては迷惑だったりしてね!!)

”おやつ持ったじいちゃんはまだかな~?”
アレックス、眉毛剃った兄ちゃんみたいな顔してると思いません?

2003-09-07.jpeg

| 日々の生活 | 23:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

逃した!

アレックスを病院に連れて行きました。
この動物病院の横にはドッグランが併設されています。
いつもなら、そこはガラガラ。
病院待ちの犬達が遊んでいるくらい。

それが今日はそこが。。。

♥♡…夢の世界…♡♥ に変わっていたのです。

生後16週までのパピーコースの訓練をしているところでした。
と言っても20匹以上いると思われる子犬たちは走り回っているだけ。
今日は飼い主の心構えのようなことを話しているようでした。

ウワァァァァァァン!!! ヽ(`Д´)ノ
私もあの中に入りたかった!!
どうして8月はお休みだったの???
私はアレックスの訓練よりも、子犬に囲まれて埋もれてみたかったのです!!

2003-09-04.jpeg

| 日々の生活 | 23:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パンツくらいはいてくれ!

私はずっと「女の園」で暮らしてきました。
中学から女子校に通い、仕事も女ばかりの職場でした。
それが今は、旦那にアレックスにオヤジにアウァちゃん、お泊りしに来る友達もみんな男!

今日、旦那が洗濯部屋に行ったときアレックスが2階に上がっていってしまいました。
旦那と私が気付くまで数分。
もう夜の11時過ぎ。オヤジもベッドに入っている時間。
アレックスは猫の餌を探して2階をウロウロしていたみたい。
きっとムンツィーが威嚇の鳴き声をあげたのでしょう。
廊下の電気がついて「出て行きなさい!」と言いながらオヤジが起きてきました。

やばっ!と思って廊下に顔を出した私。 ごめんな・・さ・・

そこにいたオヤジは。。。

      全身肌色
  ♡ 生まれたままの姿 ♡


いつかこんな日が来るかもしれないと思っておりました。
見ちゃったのよぉぉぉぉ!! 全部!!

"sorry! sorry! sorry!"と言ってすぐに向きを変え、後のことは旦那に任せたけど。
明日私はどんな面してオヤジと会えばいいのよ!
もう決して夜遅くに「オヤジの園」に行かないわ。

いやいや今晩は、あまりにも衝撃的な夜でございました。

2003-09-02.jpg

| 日々の生活 | 23:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。