| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの日から1年

一周忌。
朝、父ちゃんにいつもより多く花を買ってもらい、アレックスの元に飾りました。
今日一日は、思う存分思い出に浸って、過ごしました。(いつもそうなのですが。)

足早に過ぎていったアレックスと暮らした日々とは比べものにならない程、この一年は、時間がゆっくり過ぎていきました。
ひとりで過ごす事も多く、ちょっとしたことでもすぐに涙するほどに、不安定になっていました。
完全なペットロスです。
家にこもっているのがいけないと、日帰りできる観光地にも、あちこち連れて行ってもらいました。
いろんなことを話せるドイツ人友達もでき、時々お茶したり、彼女の犬の散歩に一緒に行ったり、電話でもよく話した事で、ドイツ語会話が前より若干良くなったせいか、永住ビザを取得する事ができました。

日本には、長期で2回帰りました。
1回目は、母の入院の手伝いに。
2回目は、10年ぶりに年末年始を日本で過ごしました。
しばらく実家の家族と過ごして、本来の自分がやっと戻って来たような気がします。

今でも時々、どこからともなく現れるアレックスの白い毛。
タンスや棚の奥から、アレックスがいた頃に洗濯した洋服から、まるでアレックスが遊びに来てくれたようで、私を笑顔にしてくれる。
あちこちにプレゼントを隠していってくれたみたい。
あの頃は、「抜け毛がすごくって・・・」と言っていたのに、こんなに見つけた毛1本が、愛おしく感じられるなんて思いもしなかった。


2015-01-28.jpeg

夢の中でいいから、会いに来てね。
また一緒に、枝でも投げて遊ぼうよ。
母ちゃん、アレックスを撫で撫でしたいよ。
大好きだよ アレックス。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひと針ひと針心を込めて

2014-10-24a.jpeg

49日が過ぎてから、進めていたクロスステッチができあがりました。
PCの前で、私の座っている椅子にもたれて、「遊んで!」という熱い視線を送っているアレックス。
大好きなアレックスの表情。

2014-10-24-b.jpeg

こちらが、オリジナルの写真。
ステッチの方は、図案変換ソフトの癖で、緑系に色が出ていますが、かなり忠実に再現できています。
額に入れて、PC前の壁に飾って、いつもアレックスに見ていてもらおうと思います。

| 未分類 | 15:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エイミーちゃんに会えた。

庭木を切るのをエイミーちゃんのパパに手伝ってもらいました。
エイミーちゃんも一緒に連れて来てくれて、久しぶりに再会できました。


2014-09-23a.jpeg

アレックスと同じ年なので、11才。
元気な姿を見る事ができて、うれしかった。
何かおやつをと探しにいった時、ついて来たエイミーちゃん。
アレックスといつも出入りしていた1階の入り口で、2階を見上げながらクンクンとニオイを嗅いでいました。
あの時から、なにもかもそのままのこの家では、しっかりアレックスのニオイは残っているはず。
でも、もう新しいニオイじゃないから、エイミーちゃんには、アレックスがいなくなったことがわかったかな。


2014-09-23b.jpeg

この家の敷地のすぐ前で撮りました。
アレックスがいなくなってから、散歩に行くときにいつも通っていた、この場所へも、今まで来る事ができなかった。
毎日歩いた草の上。
でも、今日もここまでが精一杯。
エイミーちゃんが、遊びに来てくれたおかげで、少し歩く事ができました。

| 未分類 | 16:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Rothenburgのお土産

2014-09-05.jpeg

クリスマスショップで、この子達と目が合った。

アレックス!!!

連れて帰らずにはいられませんでした。

| 未分類 | 16:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Burg Drachenfels

アレックスの血統署名は、Prinz von Burg Drachenfels。(ドラゴンの岩城砦の王子)
犬舎名を検索していたときに、同じ名前の観光地らしきところがあるのには気づいていましたが、深く調べずにいました。
先日、ケルンに行った帰りに、アウトバーンで"Drachenfels"という看板を見つけました。
日帰りで行ける範囲にその場所があったのです。

2014-08-20a.jpeg



家から車で1時間半程走って、Drachenfelsbahnという列車の始発駅に着きました。
私達は歩くのが目的で来たので、列車には乗らず、そこからひたすら坂道を歩きます。


2014-08-20b.jpeg

こちらが、Burg Drachenfels。
元の形はどんな感じだったんだろう?
アレックスと話をしながら、感慨深く眺めました。


2014-08-20c.jpeg

城砦からは、とても見晴らしがよく、ライン川が見渡せます。
生憎のお天気でしたが、沢山歩くには丁度いい気温でした。


2014-08-20d.jpeg

頂上から少し降りたところにあるDrachenburg城。
外観も中も、非常に綺麗で、映画かなにかに出て来そう。


2014-08-20e.jpeg

こじんまりとして、でも美しく明るく見晴らしもよく、夢の中でもいいから、こんな場所に住んでみたい。


2014-08-20f.jpeg

お城の一番上から、ケルンの大聖堂が見えました。


2014-08-20g.jpeg

Drachen(ドラゴン)と名前についているだけあって、ドラゴンがあちこちにいました。

電車の始発駅から、頂上に登り、そこから城の周りを一周し、帰りにはライン川沿いのレストランまで歩いて、今日は5〜6kmくらい歩いたかな。
とても充実した観光ができました。
帰る時には、アレックスが城に残ってしまうのでは?と不安に感じてしまい、母ちゃんと一緒に帰ろうと心の中でお願いしていました。


2014-08-20h.jpeg

アレックスと出会わなかったら、あのお城の存在には気づかなかったかもね。
私の大事な王子。
綺麗なお城に連れて行ってくれてありがとう。
真っ白なアレックスが、あのお城にいたら、きっととっても絵になっただろうなと何度も何度も頭に浮かんだよ。



Drachenfelsのサイト

Schloss Drachenburgのサイト

| 未分類 | 16:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。